プロポーズに贈るお花束

おふたりにとって特別な瞬間となる愛を誓うプロポーズ。
最近は、お花で想いを伝える方が増えています。

しかし、お花といっても種類や本数によって意味も様々。
どのようなお花を用意すればいいのかお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで、このページではプロポーズにお花が選ばれる理由や種類をご紹介します。
大切な方へのプロポーズを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。


プロポーズの贈り物にお花が選ばれている理由

プロポーズの贈り物と聞くと、婚約指輪を想像される方も多いと思います。

そんな中で今お花も選ばれている理由としては、
「プロポーズを特別な瞬間に演出することができる」
「プロポーズのときにお花を贈ってほしいという女性が多くいる」
「いつまでも残る婚約指輪と記憶に残るお花束で大切な瞬間を残し続けたい」
ということがあげられます。

実は、意外と女性でもお花をもらう機会が少なく、特に好きな人からお花束をもらいたいと憧れている女性は多いのです。

※プロポーズにどのようなお花を贈るかは、お相手のタイプによって変わってきます。そのため、どんなお花でも贈れば喜ぶと決めつけず、まずはお相手がどういうタイプなのかを考えてみましょう。そのうえで喜んでくれる「プロポーズならでは」の特別感のあるお花束を用意しましょう。


プロポーズのお花の代名詞!「バラ」の色や本数に込めるメッセージ

プロポーズのお花といえば、数あるお花の中でも「赤いバラ」が人気です。
「赤いバラ」は、品がありそして豪華で綺麗。「愛情」という花言葉もぴったりです。プロポーズされる時には、「赤いバラ」のお花束を期待したり、憧れだったりする方もいらっしゃいます。そんなお花束を贈るとき、バラの色や本数にメッセージを込めて贈ることができます。

パラの色によるメッセージ
赤色 「あなたを愛している」「愛情」「情熱的な恋」「美」「美貌」
ピンク色 「しとやか」「上品」「かわいい人」「愛を誓う」
白色 「純潔」「清純」「私はあなたにふさわしい」「尊敬」
黄色 「平和」「愛の告白」
オレンジ色 「絆」「信頼」
青色 「夢が叶う」「奇跡」「神の祝福」
緑色 「穏やか」「希望を持ちえる」
紫色 「誇り」「尊敬」「気品」
パラの本数によるメッセージ
1本 「一目惚れ」「あなたしかいない」
2本 「この世界は二人だけ」
3本 「愛しています」「告白」
4本 「死ぬまで気持ちは変わりません」
5本 「あなたに出会えた事の心からの喜び」
6本 「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」
7本 「ひそかな愛」
8本 「あなたの思いやり、励ましに感謝します」
9本 「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」
10本 「あなたは全てが完璧」
11本 「最愛」
12本 「私の妻になってください」
13本 「永遠の友情」
21本 「あなただけに尽くします」
24本 「一日中思っています」
50本 「永遠」「偶然の出会い」
99本 「永遠の愛、ずっと好きだった」
100本 「100%の愛」
101本 「これ以上ないほど愛しています」
108本 「結婚して下さい」「永遠の愛」
365本 「あなたが毎日恋しい」
999本 「何度生まれ変わってもあなたを愛する」
1000本 「1万年の愛を誓う」
実際に贈られている人気の本数
1位 12本 「私の妻になってください」
2位 108本 「結婚してください」「永遠の愛」
3位 24本 「一日中思っています」
その他 ご予算に応じてご準備します

1番人気の「12本の赤バラ」は、婚約指輪に添えてお渡しされる方に人気です。「ダーズンローズ」とも呼ばれていて、12本のバラに「愛情・情熱・感謝・希望・幸福・永遠・尊敬・努力・栄光・誠実・信頼・真実」の想いを込めて、「その全てを貴方に誓います」という意味でバラを贈ります。結婚式の演出などでもよく利用されています。

続いて1番人気とほぼ同数で人気なのが「108本の赤バラ」。こちらは日本での正式なプロポーズの本数とされており、108を「永遠」とよみ、「永遠に愛することを誓う」本数とされています。貰われた方の感想をお聞きしても、「108本には正直ビックリして、本気さが伝わった」「こんなに沢山のバラのお花束を貰うことは、これまでもこれからもないと思うから、一生ものの思い出になった」という声が多いです。

大切な方に真っすぐ想いが伝わる、そんなお色や本数を選んでくださいね。

バラに人気のかすみそうでアレンジを加えたお花束

バラだけのお花束も豪華ですが、かすみそうでアレンジを加えることで素敵さが増します。人気のかすみそうが、バラをより綺麗に見せてくれます。